ベータグルカンでヘルニア治療

ベータグルカンの摂取でヘルニアを治療する取り組みが成果を挙げつつある。

突き出した軟骨が神経を圧迫し激痛が苦しいヘルニアは、対症療法で様子見するか、大手術を実施するしか治療方法が無かった。しかし、よくあるヘルニアの自然治癒の実態が、実は免疫細胞がヘルニアの原因である突き出した軟骨を駆除していることが解明された。

ヘルニアの原因の一つにストレスによる免疫力低下が指摘されてきたが。逆に免疫力を上げることでヘルニアの治療が可能だと証明されたのだ。

ヘルニアに対して、ベータグルカン(βグルカン)を摂取することで免疫システムが活性化され、ヘルニアの軟骨を除去してくれる。免疫力の作用は穏やかにゆっくりであるため快復は穏やかだが、痛みの現況である軟骨が除去されるので回復期以降は非常に元気になれる。

ヘルニアの治療に、免疫力で対処する治療法は副作用もなく、リスクの無い根治治療として、浸透が期待される新治療法だ。

ベータグルカンIndex :

Links