ベータグルカンの免疫力向上が必要な理由

老齢化で体が衰えるのと合せて病気を発症しやすくなるのは免疫機能の低下が大きな原因の一つだ。

加齢で免疫力が衰えるために感染症を発症し易くなり、またがん細胞の駆除能力が低下することで、病気に対する全体的な抵抗力が弱まり、がんや自己免疫疾患などの病気が発病しやすくなるのだ。

免疫システムの機能を維持するためには適切な栄養補給と運動が不可欠であり、その中の重要な栄養素の一つとしてベータグルカン(βグルカン)は注目の成分となっている。ベータグルカンは、低下しつつある免疫力を活性化、維持する栄養素だからだ。

大腸がんの最大の原因が動物性たんぱく質に偏り食物繊維が少ない食事であることは各種統計で明白だ。そして、植物繊維の摂取を意識するだけで消化器官の多くのがんの危険性が大きく低減されることも、数え切れない研究論文で繰り返し言及されている。

しかし、栄養素のバランスを考えた食事が大切なのは常識だが、日常での実践が難しいのも無視できない事実だ。足りないと自分自身が感じる栄養素は、確実に足りていないのが現実。であれば、意識を強めて自分の体の声(叫び?)に従った食事を一品一食でも取り入れるのが得策だろう。

ベータグルカンという成分は、近年では意識してさえも摂取が困難な栄養素となっている。醗酵食の減少が主因だが、年齢を重ねた上に免疫力の低下や、糖尿、高血圧のリスクを感じ始めたならば、サプリメントや健康食品を補助的に利用することは、がん やその他の成人病には有効な予防策として機能するだろう。

年齢を重ねるほど免疫力を高める食生活は不可欠となり、その時にはベータグルカン サプリント・健康食品が最適な栄養補助を助けてくれるだろう。

ベータグルカンIndex :

Links