ベータグルカンでアレルギー緩和

アレルギー症状は免疫システムの過剰反応現象とも言えるが、ベータグルカン(βグルカン)の免疫システムの平衡化機能によってその改善を計る取組みは良好な結果を得られている。

適用例としては、花粉症やアトピー皮膚炎、白斑などに対して、ベータグルカンは効果的な症状軽減を成し遂げている。

アレルギー抑制の仕組みは、ベータグルカンが免疫システムを活性化することで、警戒信号発信分子の産出を誘発し、その警戒信号発信分子が炎症性反応に対抗するのだ。これによって、アレルギーの諸症状が緩和・減少される。

ベータグルカンの効能は、免疫力が弱っているがんなど状態に対しては免疫力を強化する作用が発揮され、逆に免疫システムが強度に反応し過ぎているアレルギーなどの状態には免疫力を抑制する作用が働く。これは免疫力の平衡化作用と言う。

要するにベータグルカンの効能によって、人間 (動物)の免疫力を 極端な強弱ではなく、生来のあるべき強さで作用させる ものだと言えるだろう。

ベータグルカンIndex :

Links