原料で違うベータグルカンの品質

ベータグルカン(βグルカン)が含まれているだけならば、多くの食物、生物にもベータグルカンは含まれている。しかし、免疫を活性化するための利用するには、量と質の確保が困難なのが問題だった。

昔はキノコが唯一のベータグルカンのサプリメント・健康食品であったため、普及してきた。通常食として日常に食べられる食材としてのキノコにもベータグルカンは微少量が含まれていたが、多目に摂るにはキノコのサプリメント・健康食品が昔は唯一の選択肢だったのだ。

しかし、現代のベータグルカンサプリメント・健康食品は、キノコではなく、酵母から抽出したベータグルカン(βグルカン)が主流となっている。原料として用いられる酵母は、パン酵母、ビール酵母、黒酵母などが用いられ数多く流通している。中でも、成分としてのベータグルカンを効率よく食べる目的に特化するなら、パン酵母原料のベータグルカンが秀逸だ。

ビール酵母はビタミン・ミネラルの補給が主眼の健康食品との位置付けから精製度は低いままに留め置かれている。また黒酵母由来のベータグルカンは純度が1%前後と驚くほどに純度が低いため、一部ではマルチ商法での販売が報告されている。

パン酵母原料のベータグルカンは、最長の歴史から長く続いている競争も激しいために、精製工程の進化が著しく、価格も低下している。含有率も普及品でさえベータグルカンが60%超の高品質となっている。

最大のパン酵母ベータグルカンの優位点は、ベータグルカンの種類が「ベータ1,3Dグルカン」中心である点だろう。過去のキノコ原料のサプリメントとの決定的な効力の差異は、ベータグルカンの量もさることながら、ベータグルカンの質・種類の違いが原因だったのだ。分析技術が進歩したことで、ベータグルカンの質の差異が明白になったことで、由来原料による製品の質の違いも明確にされた。

キノコには殆ど含まれていない「ベータ1,3Dグルカン」という種類のベータグルカンが、パン酵母原料ならば大部分を占めており、この成分こそがベータグルカン(βグルカン)の効果効能の源泉だと判明したのだ。

世界の潮流がパン酵母のベータグルカンサプリメント・健康食品へ向かっている理由はこの品質の違いと効果の理由が明確化されたことが最大の原因だ。

ベータグルカンIndex :

Links