ベータグルカンサプリメントの安全性

ベータグルカン(βグルカン)という純粋な成分の安全性は、完全に証明されている。誰にとっても安全だ。

問題は、ベータグルカン サプリメント・健康食品の多くが、肝心のベータグルカン成分よりもその他の不純物の方が多いことである。副作用などの健康被害のトラブルは、不純物が原因で発生するのだ。

ベータグルカン(βグルカン)の吸収を目的にサプリメント・健康食品を選ぶなら、不純物の少ない=ベータグルカンの含有率の高い製品を選ぶことが安全の確保には重要だということ。

このようにサプリメント・健康食品の中の不明な不純物をなるべく減らすことは、想定外の副作用リスクを低減できる。それと同時に、効果効能の成分純度が高いことは、求める効果効能をより高い確率で得られるだろう。これは全てのサプリメント・健康食品に共通する大原則だ。

1940年代に発見・開発され、その後多くの会社、研究機関がベータグルカンの精製工程を改良した。その成果で現代のベータグルカン サプリメント・健康食品の純度は極めて高い80%以上にまで高められている。

米国では、この60~80%を越える非常に高い純度のベータグルカンは、食品医薬品局(通称:FDA)が「パン酵母ベータグルカンは副作用と習慣性が無い、通常食として扱える食品」と公式に認証登録した。それほどに安全性が担保され、また利用が浸透しているのだ。

サプリメント・健康食品の安全性は、多くの利用実績と長期の利用によって確認されるものだ。この点、パン酵母由来のベータグルカンは既に70年以上の実績を重ね、非常に純度が高い精製技術によって品質が向上している。これほどの歴史と実績のあるサプリメント・健康食品は他に無く、安全安心に食することができるだろう。

ベータグルカンIndex :

Links