ベータグルカンが抗がん剤の副作用を抑制

抗がん剤による化学療法を実施すれば、効果効能だけでなく副作用が起こることは周知の事実だ。 強い毒でもある物質を体内に入れるのだから副作用が起こることは、或る意味当然だ。 効果の高い抗がん剤は次々と開発されているが、副作用が人間が耐えられるレベルに留まらないために「薬」として承認されない。 つまり、全ての抗がん剤はがん細胞を叩く効果をほぼ確実に有している。しかし、効果よりも副作用が大きい薬剤は失格となり、副作用の小さい薬剤成分だけが治療に用いることができる「抗がん剤」と承認されるのだ。

抗がん剤治療の治療中止理由の多くは、効果が良くがんが縮小していてさえも、それ以上に副作用が酷く患者が堪えられないためだ。副作用による患者の疲弊での治療s中止は、放射線がん治療にも頻繁に起こる。旧来の放射線治療は、がん細胞を痛めると同時に周辺の正常臓器への放射線があたってしまう。そのため正常細胞が被爆の副作用で異常=副作用を引き起こすのだった。

これらの化学療法の抗がん剤副作用及び放射線治療の副作用を軽減する作用が、ベータグルカンの効能としていくつかの論文が報告されている。その作用とは、体内の活性酸素、フリーラジカルをベータグルカン(βグルカン)が消去してくれることによる効果とされている。

可能な限りベータグルカン(βグルカン)の摂取を早く開始し、抗がん剤治療や放射線治療を実施する前から、治療期間を通じて継続すること望ましい。ベータグルカンで、治療の副作用が軽減できれば、治療期間を延長でき、治療効果も最大化できるのだ。

ベータグルカンIndex :

Links