老齢化と免疫力とベータグルカン

がん対策には、がんの発生原因を理解することも重要だ。

年齢を重ねて老齢化すると体力だけでなく、免疫力も弱まってしまう。これが遠因となることで、年齢を重ねる程にがん細胞の免疫駆除が追いつかず、がん細胞が増殖してしまうのだ。高齢化が進むとがんで死ぬ人が増えることは、寿命のある生物としての宿命なのだが、まだ遣り残した人生の途上では、簡単には諦められないのは当然の希望だ。

がんの原因となる免疫機能の低下は、栄養の乏しい偏った食事、身体的もしくは精神的ストレスの継続、環境の急変、薬物などが挙げられる。このような状況下へ意図せず身を置いてしまい、改善が難しい場合には何らかの対策が必要だ。そして、免疫力を意識して高めることで、がんや他の成人病を予防に備えねばならない。

ベータグルカン サプリメント・健康食品を飲むことは免疫力を向上させることで、老齢化によるがん発症を抑制し、その他のストレスや偏った食生活の改善に貢献するだろう。 サプリメント・健康食品に過度に頼る食生活は推奨されるものではないが、食事からの摂取が困難な栄養素であるベータグルカン(βグルカン)のような寡少栄養素を摂取するには、サプリメントの活用は実用的な対処だと言える。

ベータグルカンIndex :

Links