病気に効くキノコの解明

重い病に苦しむ人に、不思議なキノコ、魔法のきのこを食べさせると、奇跡的に元気になるといった昔話、おとぎ話は、世界中に伝承されている。

重病にならなくとも各種のキノコが健康に良い事は長い歴史の中で人類が経験として獲得した生活の知恵、人類共通の概念だ。

現代でも、中国人、日本人を中心としたアジア人の多くは、がん(癌)の治療もキノコの健康食品で治療しようと試み、治ると信じている。 実際に幸運な一部の患者は快復の幸運を得られている。

ここで、キノコが健康によい理由、キノコががんなどの重病を回復させる理由、がんを予防する理由 は解明が遅れていた。 キノコの効能の科学的かつ理論的な解析は分析技術が発達した現代まで対応できなかったからだ。

しかし、近年に分析技術が飛躍的に進歩したことで、その効果の秘密は明らかにされた。代々伝わる不思議なキノコ、魔法のきのこ が病気を治せる効能を持つのは、中に含まれているベータグルカン(βグルカン)という成分が有効であることが判明したのだ。

1960~1970年代のことだ。

ベータグルカンIndex :

Links